エピック・オブ・プレアデスで作るオリジナル世界観レシピ

自分の好きな世界観で、LARPゲームをプレイしたいなあ…

そんな方も、たくさんおられると思います。

  • もっと現代機械も入り込んだ、独特なファンタジー
  • 現代異能の学園モノ
  • ヒーローがたくさん集う世界
  • 世界が終焉を迎えているアポカリプス世界
  • ゾンビ・ウィルスが跳梁跋扈している危険な世界
  • 日本の心がたくさん入っているジャポネスク(和風)・ファンタジー
  • 中国文化を中心としたチャイニーズ・ファンタジー
  • もっともっと荘厳な雰囲気の欧風ハイ・ファンタジー

そんな世界を、エピック・オブ・プレアデス(以下EoP)で表現してみませんか?

→汎用ファンタジーLARPルールブック「エピック・オブ・プレアデス」が購入できる場所はこちら!

(8/7現在、販売調整中です。最新情報はツイッター公式アカウント @CLOSS_LARP をチェック!!)

→汎用ファンタジーLARPルールブック「エピック・オブ・プレアデス」特設サイトはこちら!

オリジナル世界観を作っちゃう! 5つのポイントとは?

1.世界観のコンセプトを考えよう

あなたはどんな世界を作りたいのか?それらをまずは、箇条書きにして書き出していきます。

【TIPS】

  1. 参考世界観「ステラミラ」を利用しながら新しい大陸を作ることが、最も労力が少ない作業と言えます。世界樹の存在だけ一緒であれば、種族を自由に創ったり、世界観を改めてしまっても良いわけです。
  2. もちろん、全部オリジナルにしたい!でも良いでしょう。考えるのが多少面倒であれば、「世界は謎に包まれている。記録上残っていたのはこの種族たちと●●の地方のみで、他はすべて前人未到の地だ」くらいざっくりしていても構いません。要は、遊べればよいのです!

2.どんな世界観なのか、最低限から考えよう

1を元に、もう少し細かい所を作っていきます。大風呂敷を広げてもいいですし、最初は最低限、

  • 1つの国
  • 1つの街
  • 1つの拠点

を決めればゲームは出来ちゃいます!

3.基本ルールブックから変更する部分を書き出してみよう

当然ですが、基本ルールブックから変更する部分が少なければ少ないほど、作業は楽になっていきます。

  • クラス
  • 種族
  • 魔法
  • スキル
  • ギルド
  • お金
  • 敵の存在

これらの、

  • そのままでよいのか
  • 名称を変更するだけでよいのか
  • 内容も変更するのか
  • 新しいものを加えるのか

この4つを考えてみましょう。上になればなるほど作業は簡単なものになりますが、同時に基本ルールブック参考世界観「ステラミラ=西洋ファンタジー」と似通ってくるでしょう。

【TIPS】

  1. キャラクター作成に関しては触らず、EoPそのままでOKです。こちらをいじると、様々な作成面でのバランスを考えなければならなくなるため、非常に大変な作業となります。
  2. 種族は、実は種族スキル・世界観・データ面を紐づけていませんので、自由に新しい種族を作ったり、削ったりすることが可能です。(実際にキャラクターを作ってみると分かる)
  3. 長く同じPCを遊ぶことが前提でなければ、最初の一歩は、レベル2までのスキルを作り出すだけでも構いません。EoPの初期作成では、レベル2までが限界点となります。

4.変更点を記入していこう

変更点を洗い出したら、変更部分を1つずつ組み上げていきましょう。

和風ファンタジーの作例

ここで、同じ要領でEoPを基に、最も簡潔に作った「月下朔乱」の作成手順の一例メモ(3361字)があります。皆さんの作成の際の、参考になれば幸いです。

※現行の「月下朔乱」とは内容に一部変更有り。ここに記載されたものは最初期のプロット・未調整版です。こちらを用いてプレイされた場合、CLOSSは一切の責任を負いかねますこと、ご注意ください。

※こちらのデータの再配布、販売を一切禁じます。あくまで世界観を作り出す参考にお使いください。

「月下朔乱」最初期プロットPDFダウンロードデータ

いかがでしたか?

「これだけで出来てしまうんだ」「意外と簡単、自分にもできそう」と思って頂けたなら幸いです。

EoPは日本で一番LARPゲームをプレイした人間が、日本で楽しくプレイしやすくするために作り出した優秀なLARPルールブックです。是非、お役立てください。

また、以下のリンク先に、二次創作のガイドラインを設けました。こちらを守って頂ければ、どなたでも自由に同人誌での販売や配布が可能です。こちらもご確認の上、楽しいLARPライフをエンジョイして下さい!

CLOSS作品二次創作ガイドライン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする